×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


+bitter tears... の軌跡を作成時の舞台裏も少し入れながら、書いてみました。




1st. 高校2年 17歳 2001年11月30日 open
1st version



半年間の不登校から脱し、7月上旬から通い出す。クラスの仲間の輪は
既にできていて結束は固く、孤立。どこにも属せず、居場所は高校棟3F
の非常階段。中3の時に仲が良かった友達もよそよそしく、休み時間が
長く感じた。研修旅行や体育祭などの行事には参加したが、また休み
続けてしまった。友達が次々にサイトを持ち始めた。私も「星月すばる」と
いうHNでexternalなサイトを作り、明るい自分を描こうとした。しかし、
リアルとバーチャルのギャップが激しく、続かなかった。結局、高1から
作り続けていた精神系サイトを編集し、3週間後にbitter tears...を
開設し、落ち着く。 黒背景に白と赤というダークな空間が出来上がった。





2nd. 大検生&受験生 17-18歳 
2nd version contents 2nd version zarepuchi


























   出席日数不足、学力不足で、留年は時間の問題だった。加えて、やっと話せる仲になった子が、引きこもり・不登校の私のことを
   (実名は挙げなかったが)、自身のサイトで罵った。またもや人間不信に陥る。それでも自傷はガマンした。私は勉強したいのに、
   勉強する環境(=学校)に行けない。ここには、もはや居場所はない。高2の終業式2日前に退学した。経歴(学歴)に無職という
   肩書きが付くのが嫌だったので、急いで大検科のある予備校に入学。予備校の教室に行くのも、実はしんどくて、初日は具合が
   悪く欠席。教室に入るのが怖い。しょうがなく母親に教室の前まで付いてきてもらう始末。最初は友達もできなくて、さみしくて、
   地が出せなくて、教室にいても呼吸が出来なくて、息をするのが苦しかった。休止を考えていたbitter tears...だが、受験期
   の限定ページ「戯れ淵」を作り、そこへ対人関係・勉強の行き詰まりのストレスの愚痴をこぼしていった。黒背景から一転、白背景に
   赤のスタイルで医療系グロサイトをめざす。自傷の代わりに、文章による自傷をした。苦手分野のフレームページに挑戦。でも、
   やっぱり難しかった。(藁


3rd. 大学1年 18-19歳 
3rd version contents


運良く大検・大学合格を果たす。合格報告仕様のindexはデータ消滅
の為、掲載不可。晴れて大学生になるも、身勝手なグループの友達に
悩み、傷付き、抑えていた自傷が再発。ゴールデンウィーク前にして、
早くも学校が嫌になる。5月病。高まる自殺願望。時とともに、癒され
かけた心がまた侵食されていった。グロいだけじゃなく、デザイン重視
のサイトに憧れた。薬の処方袋をぼんやりと眺めているうちに、お薬
versionを思いつく。白くて、痛い系を突き進む。周りの友達はPCなど
のITに疎く、基礎ゼミでは浮いていた。高校のHRを思い出させるかの
ような40人の授業。何度も消えたくなった。





4th. 大学2年 19-20歳 
4th version index 1 4th version contents





























4th version index 2



単位を落とすことなく無事に進級。希望のゼミに入れたのに、なじめない。
男子とも話せない。少しずつ解消していくが、大人数の前でのプレゼンや
飲み会は苦手。荒療治として居酒屋のバイトをするも、空回り。憂鬱な毎日。
世間ではネット心中が次々と起こり、自分もその仲間に入りたいと思った。
限界にキテいた頃に、ある人物に出会う。頭脳、思考、対人、論破、全てに
おいて優れていて、驚くべき1コ上。引かれるのを覚悟で、身の上を話したが
引くことはなく、むしろ理解はしてくれた。それなのに、私は、大切な先輩を
裏切ってしまった。自傷をくり返し、自由に使えるお金の半分が、貝印や
処置代に消えた。自傷加工写真までupした。






5th. 大学3年 20-21歳
5th version index


地獄行きの列車があったら、あいつ等を乗せて、旅をしたいなぁ。そんな
妄想から思いついた切符仕様。ブログを始めるも、陽・陰ともに毒舌モード。
流血を全面に出した出血スタイル仕様。封印していた、いじめ記録も少しずつ
解除。悦びも束の間、これ以上醜態を曝け出すことに、疑問を感じる日々。散々
悩んだ末、来る人拒まずのサイトも一転。お世話になった先輩ともバイバイして、
俺は俺なりに生きてくことにした。就職活動と自己の治安維持活動。これが最期の
更新と思い、敢えてテキスト色にしちょっぴり痛い系(遺体系)サイトに進路変更。
今まで培った「他人の不幸は蜜の味」精神を売りに、暗黒業界での就職をめざす。


2005年10月12日加筆






6th. 大学3年 21歳
now printing


ゼミで重要な仕事をもらい、こなしながらも、自分に自信が持てない。心配
ばかりかけ、困った後輩を演じ続けている毎日。あれほど距離を置こうと、
決めたのに、自ら崩れてしまい、早くも先輩や先生にカミングアウト。就職
なんてしたくない。生きたくなんか無い。嘆くばかりの自分に、嫌気が差す。
暗黒業界へのエントリーシートも書類落ち。そんな中、遠い後輩が鉄道自殺。
時を同じくして、グモ画像にはまる。死者に鞭打ってはないので、悪いことは
してないが、なんとなく申し訳なさを感じながらも、グモのチェックが日課になり、
生きる楽しさを見い出し始めた。さぁ、2006年。生きるか、死ぬか。殺されるか。
孤城鎖夜の嘆きはこれからも続く。血塗れの線路のように、どこまでも。










sound by 光闇世界






戻る



Copyright (C) 2006 Kojo Saya. All rights reserved.